きれいな海で遊ぼ!
 常夏リゾートゴルフ
 アドベンチャーだ!
 レンタカーで自由行動
 食はサイパンに在り
 憧れのクルーズ
 観て、そして感動!
 ショッピングしよう!
 ステキなホテル
 癒されたい人へ
 夜遊び楽し、、
サイパン総合情報サイトMAIDO
コラム/記事ページへ旅の基本情報ページへウエブクーポンのページへ掲示板へリンク集へテニアンのページへロタのページへ

 アイランド・バードウォッチング「野鳥物語り」
タグチガイド

田口裕史(たぐちやすひと)

神奈川出身、獅子座。2002年サイパン移住。 各種ツアーガイド、TVCM海外ロケ美術担当 その他島の何でも屋さんを自称する傍ら、豊富な天体知識を生かした星空ツアーガイドに従事。
鳥の写真はあくまでも趣味。

第2回 「シロアジサシ」

スターゲイジングツアー「銀河旅行の夕べ」で専門ガイドとして活躍中のタグチ氏が、自らのバードウォッチングで撮り貯めた”星の数”ほどあるフォトデータから、素晴らしいサイパンの鳥物語をご披露して頂くシリーズ。観察のプロの目が捕らえた貴重な写真の数々。

第2回目のご紹介は「シロアジサシ」。



シロアジサシ
英語名 : White Tern
チャモロ語 : Chunge
日本語 : シロアジサシ(白鯵刺)チドリ目カモメ科
シリーズ第2回でご紹介するのはシロアジサシ。

皆さんがサイパンのいたるところで、もっとも多く目にする野鳥だと思います。

全長1フィート、翼を広げると2フィート程で、南国の青空によく似あう、シルクのような美しい純白の体。
つぶらな真っ黒な瞳とくちばし(くちばしの根元と脚はブルーブラック)。

瞳はよーく覗いて見ると茶緑色なんですよ。

シロアジサシ
グループやカップルで飛んでいることが多く、
左の写真のように、
松の枝に仲むつまじく羽を休めている姿を、
よく見かけることが出来るでしょう。

(あぁ、うらやましい。。)

個人的に1番思い入れの有る野鳥で(理由は後ほど♪)
PCの<アジサシフォルダ>には、うなるほど画像が詰まってます。
その中で、春先からあるアジサシ親子のヒナを撮り続けていたので、今回はそれを紹介しますね。

アジサシ
お腹の下に何かが。。 
アジサシ
まだ産毛ホワホワの赤ちゃんです。

アジサシ
ごはんの時間 小魚を丸のみ!
アジサシ
まだ親鳥は一緒にいる時間が長いです。

アジサシ
幸せタイム♪
アジサシ
だんだんお留守番が多くなる。。。

2ヶ月ほどで巣立つのですが、全部載せてるとすんごい枚数になるので、羽が生え揃った時のと巣立ちの時を。

アジサシ
のびっ!
アジサシ
初飛行 さよーならー!!!

スペース的に全部載せられないのは残念なのですが、
メモリアルパークのビジターセンターの受付の机に、私の撮った野鳥写真記録のデジタルフォトフレームがありますので、サイパンにお越しの際は是非見てくださいね。

あーちゃん
保護飼育中のアジサシヒナ
もーひとつ、
今、シロアジサシのヒナが自宅にいます。
ホームツリーから落っこちて、羽が折れてしまっていたのですが、 野鳥保護局とパークレンジャーに許可をもらって、保護飼育中なんです。

こちらはブログhttp://blog.hoshizora-saipan.com/ に載せたいと思います。

田口裕史( YASUHITO TAGUCHI )

Star Gazing Saipan
http://www.hoshizora-saipan.com
e-mail info@hoshizora-saipan.com



広告掲載についてプライバシーについて免責事項・著作権お問合せ
Copyright© 2009-2012 STERLING CORPORATION. All rights reserved.