きれいな海で遊ぼ!
 常夏リゾートゴルフ
 アドベンチャーだ!
 レンタカーで自由行動
 食はサイパンに在り
 憧れのクルーズ
 観て、そして感動!
 ショッピングしよう!
 ステキなホテル
 癒されたい人へ
 夜遊び楽し、、
サイパン総合情報サイトMAIDO
コラム/記事ページへ旅の基本情報ページへウエブクーポンのページへ掲示板へリンク集へテニアンのページへロタのページへ

 サイパンのイベントレポート
テイスト・オブ・マリアナ

南海の小島サイパンですが、じつは結構いろんなイベントが一年を通じて開催されます。このシリーズは、そんなサイパンのイベントの様子を細かくリポート。時には記者自ら参加、体当たり取材を試みることも!
請う、ご期待。

第4回「2010年テイスト・オブ・マリアナス」

毎年5月の土曜日に開催されるマリアナ丸かじり、ことテイスト・オブ・マリアナスの模様をお伝えします。このページをアップした時点で、2010年5月の土曜日はあと3回残っています。今月中にサイパンにいらっしゃる方、行かない方でも是非来年はこのテイスト・オブ・マリアナをたっぷりと味わって下さいね!


テストオブマリアナ
既に恒例となったテイスト・オブ・マリアナス(マリアナ丸かじり)は、もうすっかりサイパンの人たちの間で定着した感があります。
5月の土曜日、アメリカンメモリアルパークの特設会場に、サイパンの主だったホテルの飲食部門や、その他サイパンの人気レストランがブースを並べ、それぞれが自慢の逸品をびっくりする様な低価格で提供しています。そして特設ステージでは、いろんなアトラクションが訪れた人たちを楽しませてくれます。
これなら人気が出ないわけがありませんね。
地元の人たちやサイパン・リピーターの皆さんで、テイスト・オブ・マリアナスファンの方は、サイパンだ!がデザインされた黄色いトーケンがもし余ったら、ちゃんと翌年までキープして無駄にならないようにちゃっかり使用しています。
でもそれは主催側やサイパンの観光にとってはとてもありがたいこと。1人でも多くそんなテイスト・オブ・マリアナファンが増えて行くと良いですね。


テイスト・オブ・マリアナ観光局長、地元北マリアナ議会の議員、日本領事、各旅行関係者による開会のテープカット。いよいよ食いしん坊イベントの幕開けです。テイスト・オブ・マリアナなぜか?中国の獅子舞が。でも縁起物だからOK!開会セレモニーに花を添えます。テイスト・オブ・マリアナこちらはサイパンやその他太平洋の島々を代表する民族ダンス。観客からはやんやの喝采!テイスト・オブ・マリアナ緊張した顔と笑みがこぼれる顔、子供達のパフォーマンスもテイスト・オブ・マリアナの楽しみの一つ。頑張れ!テイスト・オブ・マリアナこちらは地元コブラービル小学校の生徒による段スパフォーマンス。真剣に、かつ思い切り楽しんでますね。表情が生き生きしています。テイスト・オブ・マリアナこちらはMAIDOのコラムでお馴染み、野口カメラマンの愛娘お2人。お姉ちゃんはこの後、この衣装でダンスチームに参加してのパフォーマンス。妹は私も出たぁーい、と羨ましそう。テイスト・オブ・マリアナハイアットリージェンシーサイパンのブース。在サイパンのアメリカ人に人気。ロゴも含めてお洒落な雰囲気。もちろん、フードもGood !こちら賑わっているのはハファダイビーチホテルのブース。日本人フレンチシェフが日本人向けの味にこだわったメニューに人気。テイスト・オブ・マリアナワールドリゾートのブースは同ホテルのウエーブジャングルを彷彿とさせるイメージ。テイスト・オブ・マリアナのテイストは何も食べ物ばかりではありません。小物を中心とした装飾品にもお洒落なテイストがいっぱい!テイスト・オブ・マリアナこちらも可愛らしい小物がたくさん!お土産に買っても面白そうなアイテムが見つかります。テイスト・オブ・マリアナカナダの騎馬警官ならぬサイパンの自転車警官。彼らが会場内の警備に目を光らせています。
テイスト・オブ・マリアナテイスト・オブ・マリアナで人気ナンバーワンは、なんと言ってもBBQステック。日本風にいえば焼き鳥(豚)。歩きながらでも食べられるから?テイスト・オブ・マリアナ仮設ブースながら、こんなステキなメニューのディスプレイ。各ブースとも力が入っています。だから、どこのブースで買おうか、本当に迷っちゃうんです!!テイスト・オブ・マリアナこちらはPICのブースで、ここもアメリカ人のお客さんが多い。スポーツ、レジャー派といった感じのお客さん達。それもPICのイメージにピッタリ?テイスト・オブ・マリアナ子供達の目は見逃さない!そう、シェークやその他の甘ーいもの。お父さん、お母さんたち、わが子の為に行列の中へ。テイスト・オブ・マリアナ陽気なパームスリゾートのスタッフ。でもお客さんは?・・頑張って!テイスト・オブ・マリアナサイパンの伝統的かつ代表的なフードを販売するブース。アピギギやエンパナーダなど、ローカルスナックファンにはたまらない品揃え。テイスト・オブ・マリアナMAIDO内でもお馴染み、カプリチョーザとトニーローマの共同ブース。イタリア料理やボリュームのあるリブが人気。テイスト・オブ・マリアナテイスト・オブ・マリアナの会場内では食べ物を始め、購入は全てトーケンを使用します。1ドル1枚でサイパンだ!のイラスト入り。テイスト・オブ・マリアナフィエスタリゾート&スパのブースも混雑しています。竹や自然の材料を使ったハンドクラフトをあしらった可愛いブースです。食べ物を買ったら、座る場所を探します。大人気の会場は大勢の人で混んでいます。これらのテントの下はもちろん無料で、空いたところを見つければさっと確保して買ったばかりの美味しいテイスト・オブ・マリアナ・フードにありつきましょう。
ここでMAIDOからツーリストの皆さんへアドバイス。サイパンは本当に小さい島ながら、とっても国際的で人種の坩堝と言っても良いくらい。そしてその共通語は英語です。そしてこの島の人たちは基本的に陽気です。ですから、是非隣り合わせた人たちにステキな笑顔で、「ハーイ!」と挨拶してみましょう。きっと笑顔で「ハーイ」と返してくれるはず。サイパンがずっと身近に感じられるようになりますよ。

スローガンは、Share space and get friend.

2010年5月15日、22日、29日の土曜日PM6〜



広告掲載についてプライバシーについて免責事項・著作権お問合せ
Copyright© 2009-2012 STERLING CORPORATION. All rights reserved.