きれいな海で遊ぼ!
 常夏リゾートゴルフ
 アドベンチャーだ!
 レンタカーで自由行動
 食はサイパンに在り
 憧れのクルーズ
 観て、そして感動!
 ショッピングしよう!
 ステキなホテル
 癒されたい人へ
 夜遊び楽し、、
サイパン総合情報サイトMAIDO
コラム/記事ページへ旅の基本情報ページへウエブクーポンのページへ掲示板へリンク集へテニアンのページへロタのページへ

 ジョニーの PLAY GOLF ! - 憧れのシングルを目指して
ジョニータケダ

Jonny Takeda
タケダ コウジ

あのジョニーズ・バー&グリル、その他を経営する青年実業家。現在既に一児のパパ。
数年前から本格的にゴルフにはまり、目指せシングルをモットーに奮闘中

第3回 COP、13番ホール

サイパンはその小さな島内に何と4ヶ所(ラウラベイは2コースあるので正確には5ヶ所)のチャンピンコースがあって、どのゴルフ場にも車で10〜20分程度で行けてしまう、ゴルフプレーヤーには文字通り天国の島。
ここですっかりゴルフにはまってしまった男、その名もジョニータケダが自らのプレーを通して、すばらしい各コースを紹介していくこのコラム。第3回目も、COP。


コースレイアウト
前回に引き続いて、サイパン空港にほど近いコーラルオーシャンポイントリゾート!にてラウンドの模様をお伝えします。

次なる舞台は同じくパー4の13番ホール。「LANDING POINT(上陸地点)」とは、先の戦争時の米軍上による上陸作戦を思い出させる名前です。距離自体は364ヤードとの距離表示よりも、見た目は短く感じますし、一見攻めやすそうなホールに見えますが、ここは打球の落とし何処が文字通りポイントとなる案外難しいホールなのです。

COP,No13
その名もLANDING POINT。打球の落とし何処がポイント


COP、今回のラウンドスコア(12番まで)
 
ホール アウト
ハンディキャップ 11 15 17 13
パー 36
ジョニー 47

 
ホール 10 11 12 13 14 15 16 17 18 イン
ハンディキャップ 16 10 14 12 18
パー 36
ジョニー              
NO,13
フェアウエイ、ねらい目は写真中央にそびえる椰子の木
肉眼ではもっと近く、大きく見え、プレイヤーを威圧する
このコースはティーグラウンドがかなりの高台になっている打ち下ろし。
ほとんど真っすぐに海に向かって伸びている感じで、ティーショットはティーグランドの真正面にそびえ立つ椰子の木を目指してフェアーウェイの真ん中へもっていきたいところ。

余談ですが地元ローカルゴルファーの大会では椰子の木に打球を当てることができたら景品が出るなんていう特別ルールもあるんですよ。(笑)

そして大体210ヤードの地点の右側にあるバンカーに捕まらずに済んだら、2打目はこのコース特有のフォローの風に乗せて2オンを狙いたいところ。

コース中央にそびえ立つ椰子の木が見える。
左右のBUSH(藪)は赤杭域(1ペナルティーエリア)で打ち込んだ場合でも前進1打罰でプレーを再開できるのであまり怖がらずにティーショットが打てる。

第1打目 さーヤシの木を超えて飛んで行け〜! しかし...この日の僕は、力みすぎてヘッドアップ。
球がクラブのヒールに当たってしまって、フェアウェーはとらえたものの170ヤードの距離を残してしまいました。

ちょっと元気なく、第2打目に向かう

no,13

この距離がとっても苦手な僕、最近購入した20°のユーティリティーbTか鉄(アイアン)の4番かを迷った挙句、 新しいものを使いたい欲望に負けてユーティリティーでの2打目は...

地球を叩いて(ダフッテ)しまって左のラフへ。


第3打目は残り約50ヤード。

このゴルフ場のグリーンは旗の色でピンの位置が示してあってこのコースは赤色の旗で ホールが手前の方にきってあるのがわかるけど、

悲しいかな海に向かって芝目が速いので 止める球が打てない僕には、よほど運よく手前から転がっていかないと寄せるのは難しい。
no,13

no,13
ラフからのアプローチ
第4打目。

運も実力のうち、裏を返せば実力のないものに運もつくわけもなくかなり転がってピン奥15メートルから...

逆目でほぼ真っすぐと読んで強めに打ったものの打ち切れずしかもクラブがみ右に出てしまって4メートルも残してしまった...

no,13
ボールを拭きながら、精神集中
球を拭いて気分を入れ替えたもののこのホールは4オン3パットとなってしまい、痛恨のトリプルボギー。

今回は打数100打以内で回るのを目指しているだけにちょっと手痛いスコアーだった13番ホール。

残すところ後5ホール頑張らないとな〜。

No,5
執念のパットも功を奏さず、痛恨のトリプル!

後半の勝負どころ、13番で手痛い3パットで、痛恨のトリプル。

残すは終盤5ホール。

まだまだタフなホールがジョニーを待っている、ここコーラルオーシャンポイント。がんばれ、ジョニー!


■ジョニーのお店
「ジョニーズ・バー&グリル」

 過去の記事
 COP3番ホール COP5番ホール


広告掲載についてプライバシーについて免責事項・著作権お問合せ
Copyright© 2009-2012 STERLING CORPORATION. All rights reserved.