きれいな海で遊ぼ!
 常夏リゾートゴルフ
 アドベンチャーだ!
 レンタカーで自由行動
 食はサイパンに在り
 憧れのクルーズ
 観て、そして感動!
 ショッピングしよう!
 ステキなホテル
 癒されたい人へ
 夜遊び楽し、、
サイパン総合情報サイトMAIDO
コラム/記事ページへ旅の基本情報ページへウエブクーポンのページへ掲示板へリンク集へテニアンのページへロタのページへ

 MAIKOのサイパン「食べ歩る記」
MAIKO

MAIKOさん

趣味は料理に食べ歩き。好きなお酒は芋焼酎。食べてるときが一番幸せな肉食系女子。2009年からサイパンに移住、まだまだ知らないサイパンの美味しいものを食べ尽くし、サイパンマスターになるぞってな気合十分で臨みます!!

第2回 「ダブルレストラン」

サイパン在住の日本人女性MAIKOさんが、美味しいと評判のお店を食べ歩き、その味を克明にレポートするシリーズ。最近とみにグルメが増えたと言われるお料理大国ニッポン。あなたの味覚をもろに直撃するMAIDO渾身の企画です。

好評の第2回は「ダブルレストラン」。


ダブル2号店
 2号店
ダブル本店
 本店
「ダブルレストラン」潜入ルポ

待っていました(私だけじゃないですよね?!)、第2弾!! 今回はダブルレストランという中華料理屋さんです。本店はビーチロード沿い、マクドナルドの向かい側。今回の取材はDFSすぐ裏手の2号店にお邪魔して、いざ決行!

ランチ(2号店のみ)が安くてボリュームがあるという噂は聞いていましたが、では自分の目と舌で確かめてきましょう。もちろん本日も腹ペコです!
メニューが分厚い!なんと98種もあってすべて美味しそうな写真付き。フカヒレやあわびといった高級食材から、お手頃な焼きそば、チャーハンまで。これは迷ってしまいますねー。 今回は日本語ペラペラ(私は言われるまで日本人だと信じきっていました)店長さんのおススメ5品とランチセット。


《四川麻婆豆腐》

辛そうですけど見た感じ日本のとあまり変わりません。
口に入れると…違う、何かが違う。まず豆腐と挽き肉以外の食感、聞くと山椒の実だそうです。そして使っている挽き肉が牛肉ということもあって贅沢で濃い味。
さっそく白いご飯が欲しくなってしまいそうに…。
ダブルレストラン・」メニュー

ダブルレストラン・マーボ豆腐

ダブルレストラン・白菜と干し貝柱の旨煮
《白菜と干し貝柱の旨煮》

麻婆豆腐と打って変わって刺激の少なそうなお色目ですが、旨煮というだけあって本当に旨い!!
(リポーター失格のボキャブラリー…)

店長さんがこだわっているという干し貝柱を戻すときのダシ、これが白菜の繊維に染み込んでいるのです。
優しい味ながらもすごく深みがあってどんどん箸が進んでいきます。辛い料理の箸休めにももってこいです。



《四川海老のチリソース炒め》

エビチリを想像していたらちょっと違う。

これは素材の味そのものに感動しました。サイパンに来て何軒か中華料理でエビを食べたことあるけどこんなにプリプリと弾力があって、甘エビのように甘いエビは食べたことがない!!

その風味を壊さずさらに際立たせるようエスコートするこのピリリと辛いチリソース。
エビ好きのあなたは必ずオーダーしましょう。
ダブルレストラン・エビチリ



ダブルレストラン・焼き餃子
《焼き餃子》

え、焼き餃子ですよね?
と確認してしまった餃子は揚げたようにパリパリの皮で、形は初めて見ました、小銭入れのような四角形です。
何もつけなくても大丈夫という店長さんの言葉どおり、そのままトライ。中のお肉がジューシーでしっかり味が付いているので確かにタレいらず。なんと鶏肉を使っているんだそうな。鶏でこんなに肉汁が?!?美味しいのにヘルシー。黒酢をつけても合うそうで、さらにヘルシーですよね!!


《福建シーフードのあんかけ五目チャーハン》

またしてもプリプリのエビが贅沢に、そしてやわらかくて弾力のあるイカもたっぷり入っています。
あんかけというと白いご飯の上に具材の乗った中華飯のようなのを想像してたけど、すでにご飯にはオイスターソースなどのダシが染みていて、それでいてべちゃべちゃするわけでなく、もちもちとしていてチャーハンといえど別物。
具だけ食べたり、ご飯だけ食べたり、混ぜて食べたり…
と、とにかく止まらないです!!
ダブルレストラン・福建チャーハン



《酢豚ランチ》

メイン、副菜、スープ、ご飯、香の物、デザート、これだけ付いて$5.5ですって?!? しかもメインの酢豚は肉の多さに驚き!普通もっと大きく切ったピーマンや玉ねぎが入っているところ、このお値段でこれほど惜しみなく肉を出していただけるなんて。味も酢の加減がばっちりでご飯が進みます。副菜の量も申し分なく、男性でも満足できると思いますよ。



料理によって豆板醤の種類を変えていたり、何種類ものスパイスをまぜて作った塩だったり、店長さんがこだわり抜いたというダシや調味料は確かに深みのある味を出していました。 中華料理=油っこいという覚悟で臨みましたがそのイメージは間違ってました。 野菜もたくさん食べられて、お酢や漢方に使われる食材など体によいものもたくさん。 とはいえ…私のように欲張って食べ過ぎたら体にはよくなさそうですけどね…ゲフッ!


■ダブルレストラン(ここをクリック)
ダブルレストラン・ランチセットダブルレストラン・1人宴会
またもや一人宴会と化してしまった第2回取材。いつも、ホントに美味しそうな、幸せそうなMAIKO記者の表情です
ダブルレストラン・取材メモ

 過去の記事
 韓国館


広告掲載についてプライバシーについて免責事項・著作権お問合せ
Copyright© 2009-2012 STERLING CORPORATION. All rights reserved.