きれいな海で遊ぼ!
 常夏リゾートゴルフ
 アドベンチャーだ!
 レンタカーで自由行動
 食はサイパンに在り
 憧れのクルーズ
 観て、そして感動!
 ショッピングしよう!
 ステキなホテル
 癒されたい人へ
 夜遊び楽し、、
サイパン総合情報サイトMAIDO
コラム/記事ページへ旅の基本情報ページへウエブクーポンのページへ掲示板へリンク集へテニアンのページへロタのページへ

 シリーズMAIDO体験レポート
手塚レポーター

2010年2月のレポーター

ダイビングがきっかけでサイパンに通う!ようになって早10年。25回以上の来島歴を持つヘビーリピーターながら、意外にサイパンのいろんな顔をまだ見ていない手塚知子レポーターが、正真正銘初体験のタイマッサージ挑戦。

第4回 タイ マッサージ

ガラパンの隠れ家的プチホテル「サマーホリディ」の2Fにある知る人ぞ知る、”本物”のタイマッサージ。
意外に閑静な雰囲気のなか、ストレッチ技を駆使した噂のタイ式マッサージを日本美人を代表して、手塚知子さんが体験レポート。
大丈夫か、知子?!さて、その内容はいかに!



手塚レポーター
誰かにつれてきてもらわないと、絶対に見つけられない入り口手塚レポーター玄関からいきなり階段。何だかドキドキ手塚レポーター静かでゆったりしたレセプションルーム。こんなリビングが我が家に欲しいインタビュー希望はロイヤルタイマッサージ、王女様になりたい!?最初のポーズ最初のポーズ、既にストレッチは始まっている
ダイビングがきっかけでサイパンに行くようになり、今年で10年。
これまで25回以上訪れ、サイパンはとっても大好きな場所です。毎回ダイビング三昧というのも、十分有意義な時間ですが、今回はダイビング以外のこともしてみたい!とMAIDOで情報収集したときに点滅する「体験レポーター募集」のバナーを目にしました。

どんな体験レポートをするのだろう?と興味津津でクリック。見ると「ストレッチを中心とした伝統的タイ式マッサージの体験」とありました。タイマッサージは以前テレビでバキバキと激しく施術する様子を見てから少し興味があり、それが体験できる!というので衝動的に応募しました。

後日、当選のご連絡をいただいたときは『私にレポーター務まるかな?』と、物怖じしてしまったのも本音ですが、この機会をいただけたことをとっても感謝しています。

それでは、感じたままをそのままレポートさせていただきます。

体験当日。

MAIDOスタッフの方が、宿泊先のグランドホテルにお迎えに。レポートは、マッサージの場所からと思い、すっかり気を抜いていたら出発地点から始まりでした。スタッフの方から「意気込みを表現してみましょう!」とカメラを向けられ、急に緊張がマックスに達し、引きつり顔でポーズをしました(実はこの時が一番恥ずかしかったです・笑)←編集者注「ごめんなさい!」

ポーズも決め、いざMAIDO車に乗り込み、目指すはサマーホリデーホテルへ。

ここは何十回とサイパンに来ていながら初めて行く場所でした。ガラパンに向かうビーチロードから一本入ったところにあり、観光地としての“非現実”のサイパンではなく、どことなく“日常”が感じられる所というのがホテルの第一印象です。そのホテル2階に玄関があり、ぱっと見ではお店と分からない佇まいでした。サンダルを脱ぎ、ドキドキしながら内階段を上って行くと、白を基調とした壁、高い天井、心地よい風が吹き抜ける解放感のある待合ラウンジに案内されました。

以前は、居住空間だった所をお店として利用していると伺い、マッサージ開始まで少し時間があったので店内を見学してみることに。おしゃれな調度品や壁にはタイ国王の写真などあり、タイっぽさを演出していました。また施術室となる部屋が5(4?)部屋、そのほかにはキッチン、ランドリー、大きなバスルームなど完備されており、贅沢な雰囲気の中にも生活感が感じられ、ホッとできる空間であると思いました。
肩のマッサージ肩のマッサージ、強めで揉み解されています肩のマッサージ大柄なフォングさんは、体を利したパワフルな施術背中のマッサージ「う、ぐ、ず、ぶ、つー」と痛気持ちよい証拠の意味不明な声足のストレッチタイマッサージの特徴ストレッチ技が手塚レポーターの体を解していくえびぞりうっ、これはフィニッシュホールドか?まさにプロレス技だぁ、知子危うし?


常連のお客様が、サイパンで勤務されている弁護士、医師といった方というのも納得でした。「マッサージ屋」という商業的な空間でなく、生活の延長線上にありながら少し優雅に、かつ異国情緒を感じながら心身ほぐされるというのが、このお店へ通う醍醐味なのかな?と、これから受けるマッサージに期待に胸膨くらませ、その時を待ちました。

数分後、ついにマッサージを受ける部屋へ案内されました。室内は思ったよりもシンプルで、BGMが無いことや、ベッドでなく布団が敷かれている光景は新鮮に感じました。そして、用意された専用の服に着替えたら、いよいよ開始です。
今回私が体験したのは、「ロイヤル タイマッサージ(60分コース)」です。これはタイ王室への献上マッサージでストレッチとパーム(手のひら)マッサージで体中の血行を改善し、全身の新陳代謝を高める効果があるもので、整体とマッサージをうまくミックスした合理的施術法とのこと。この他にも、体験コースはあったのですが『タイ王室への献上マッサージ』というフレーズに惹かれ即決でした。

どんな手法で身体をほぐしていくのだろう?と、何気なく布団にゴロンと身を委ねたところスタッフのフォングさん(お名前あっていますか?)が、『NO、手コッチ、足こっち』と、うつ伏せの状態で手足の位置を“走る”の基本?ポーズの形に体勢を整えました。これもストレッチ効果があるのか、背中、腿のあたりが伸びていくのが分かりました。
この体勢のまま、足、お尻、背中、肩と順番に掌を使って揉みほぐすマッサージ。各部に“イタ気持ちいい”刺激を感じました。 うつ伏せに体勢を変えると、肩と首付近へ指圧。

この時に、フォングさんが力加減を『イタイ?イタクナイガイイ?』と確認してくださり、日ごろからの疲れが溜まりがちだった肩には「痛い」のをリクエストしました。するとグリグリっとピンポイントでツボにフィット。思わず痛くて『んぐっ』と声にならない声が出てしまいましたが、この痛みの後には、すぅーっと肩が軽くなるのがわかりました。
腰のストレッチ腰のストレッチ、整体の効果も十分に期待できる脚のマッサージ脚のマッサージ、適度な圧力で揉み解していきます腕のマッサージ腕のマッサージ、ダイビングで疲れた体が見事に癒されていくのがわかります


天井ファン天井ファンの風が心地良いお水で一息施術後、冷たい一杯の水が美味しい。懐かしさも覚えるような落ち着ける空間大満足の笑顔大満足の手塚レポーターは、ステキな笑顔で締めくくりです

体勢で一番インパクトのあったのは、うつ伏せのままで、両腕をひっぱられ上体を“エビぞり”にするストレッチです。
これをされた時は、自分の反り返れる限界が伝えられず、どこまで引っ張られるのか内心ドキドキでした。それと自分の様子を想像したら、なんだかプロレス技をかけられているようで、おかしく感じました(笑)。

効果としては、腕と背中付近の普段あまり使っていない筋肉が伸びキモチよかったです。
次に身体は仰向けに。目にタオルが被せられ、頭、首を揉みほぐしてくれました。頭を触られるのは、やはりリラックス効果が高いのでしょうか。眠気がやってきてウトウトとし、このあたりの施術はどんなことをされていたのか記憶があいまいですが、股関節、足に心地よい圧迫感を覚えました。

施術もクライマックスのころ、身体を起こし、足を座禅のようにするとフォングさんに両脇を抱えられ、右に、左にひねられ「ボキッ、ボキボキボキッ」と、これまでに聞いたことのない音で骨がなりました。
この骨の音が全部歪み?と思うくらいのすごい音でした。不思議と痛みはなく、身体が軽くなった感じがしました。

そんなこんなで60分間のマッサージはストレッチ、指圧、整体がうまく組み合わさり、ゆったりとした時間の流れでありながら、あっという間に終了となりました。

終了後、着替えて待合ロビーで冷たいお水でホッとくつろいでいるときは、ここに何度も来たことがあるかのような感覚になっていました。これは、この環境だからこそ感じられたのだと思います。
前日のダイビングでガチガチになっていた筋肉もほぐされ、また日々の身体の疲れている部分が和らぎ、なにより気持ちまでも軽くなったことが大きな収穫です。ワンランク上のくつろぎを求める方や、隠れ家的な場所を探している方に、ぜひここへ足を運んでいただき癒されていただきたいと思います。

今回の体験レポートのおかげでタイマッサージの良さを実感でき、サイパンでまた新鮮な経験ができましたこと感謝いたします。スタッフのフォングさん、どうもありがとうございました☆

*** タイマッサージ、紹介ページへ



広告掲載についてプライバシーについて免責事項・著作権お問合せ
Copyright© 2009-2012 STERLING CORPORATION. All rights reserved.