きれいな海で遊ぼ!
 常夏リゾートゴルフ
 アドベンチャーだ!
 レンタカーで自由行動
 食はサイパンに在り
 憧れのクルーズ
 観て、そして感動!
 ショッピングしよう!
 ステキなホテル
 癒されたい人へ
 夜遊び楽し、、
サイパン総合情報サイトMAIDO
コラム/記事ページへ旅の基本情報ページへウエブクーポンのページへ掲示板へリンク集へテニアンのページへロタのページへ

 シリーズMAIDO体験レポート
金子さんご一家

2010年4月のレポーター

20年前に1度サイパンを訪れたことのある暢子さんが、初めてサイパンにお出でのご主人、英世さんと2人のお嬢ちゃんたちをこのレポーターに参加するように説得?! 愛知県の金子さんご一家、楽しいレポーターです。

第5回 サイパン熱帯植物園

ミクロネシア最大規模の植物園、サイパン熱帯植物園は日本では直接見ることが難しい「本物」の熱帯植物の宝庫です。
今回はレポーターにご応募頂きました金子さんご一家に、日本人ガイドによる目から鱗の楽しくて, ためになるガイドツアーに参加して頂いたレポートです。



金子ファミリー
お泊りのP.I.C.玄関にて、MAIDOカーご乗車前にエイエイオーッ!カネコファミリーここがサイパン熱帯植物園受付。入り口からして色とりどり金子ファミリーここで記念写真を撮る人たちも多い、熱帯植物のディスプレイガイドの山根さん椰子の実を手に取り、とても丁寧に分かり説明をしてくれる山根さん椰子の実ジュースおいしーい!思わずおかわりしてしまう新鮮なココナッツジュース椰子の果肉初めて口にする人も多いココナッツの果肉。思わぬ懐かしい味が、、
まずはお父さんの英世さんのレポートです。

インターネットで妻がサイパン旅行の下調べをしていたら、「サイパンでは、熱帯植物園を見学をしてレポートを書くことにしたよ。」と言い出しました。
旅行の数日前に、「あなたもレポート書くのよ!」と言われて、「え?そんなあ?」といった感じで、この体験レポートに臨みました。

当日は我が家の4人と、ツアーバスでいらっしゃった20名ぐらいの皆さんが揃ったところでガイドの山根さんの説明が始まりました。

ヤシの実の説明では、目の前で大ナタを使って、ザク、ザク、ザクと3回の切り込みを入れて端っこを切り取り、ヤシの実を逆さにすると中からドクドクとペットボトル1本分ぐらいの新鮮なココナッツジュースが出てきました。色は無色でポカリスエットのようです。

初めて飲みましたが、すごくさわやかな味でとてもおいしかったです。 再び大ナタを使ってヤシの実をまっぷたつに割った中からは、白いココナッツの果肉が出てきました。これを醤油に漬けて食べてみるとなんとイカの刺身のような味です。

うそのようだけど、ほんとにおいしい。
娘のめぐは、この果肉がとっても気に入った様子で、いくつもガツガツと食べています。恥ずかしいので、“もうやめなさい”と止めたくらい。

ヤシの実の試食が終わったところで、ワゴン車に乗り園内を探索しました。
日本では見たことのない植物がたくさんあり、山根さんはそれを丁寧に説明してくれました。 途中、700個の椰子の実で作った三角屋根のココナッツハウスがありました。

山根さんの説明では、ココナッツはポルトガル語と英語からできた言葉で、ココが「猿」、ナッツが「木の実」の意味だそうです。

なぜ「猿」なのかというとヤシの実の外側を剥くと中の種にあたる部分に、3つの黒い点があり、これが目と鼻となり、まるで「猿」の顔のように見えるからだそうです。
よく見ると、ココナッツハウスにはたくさんのお猿の顔が飾られていました。

ワゴン車で、園内一周終えると、売店ではサイパンで取れた果物やジュースが売っていました。シークァーサージュースとシャシャップジュース、それとフルーツ盛り合わせを頼みました。
またこれが、どれもおいしい!
ホテルで食べるメロンやオレンジは水っぽくて甘みがないので、南国のフルーツはこんなものかなと思っていましたが、ここのフルーツはとてもおいしいものばかり。特に完熟のパパイヤは甘くて最高でした!
ハッピーワゴンホームメードのハッピーワゴン車で園内探検に出発っ!山根ガイドこの実の種には猛毒が!以前その種を分けて欲しいという人たちが、、バナナの説明すっかりお馴染みのバナナにも、いろんな珍しいエピソードが綺麗な花一輪の美しい花にもストーリーがあります。植物園で聞けますよオジギソウオジギソウに初めて触るのワタシタチ!自然って面白い!椰子の実ハウス植物園名物ココナッツハウス。そして一個一個のココナッツの顔は、、

サルのお顔?ココナッツの語源にもなっているある動物の顔に見えるはず奇跡の植物ノニ様々な効能が報告されている奇跡の植物ノニの実新鮮ジュースとフルーツまさに採れたて、絞りたての超新鮮フルーツとジュースに大満足!

妻に仕組まれた体験レポートでしたが、とっても貴重な体験ができ、またお陰でおいしいジュースと果物が食べられました。 それに、山根さんのわかりやすい説明でサイパンの植物についていろいろ知ることができました。 関係者の皆さん、本当にありがとうございました。

次は、この体験レポート応募の張本人!お母さんの暢子さんのご感想です。

私は約20年ぶり(!)
家族では初めてのサイパン。 夜出発、朝帰りの3泊4日だったので正味2日間しかありません。 いかに楽しく過ごすかを考え、ネットをみていたらこのMAIDOの熱帯植物園体験レポートにたどり着きました。
レポーターということで子供たちも大喜びです。

実は20年前にも一度来園しているんですが、その時はハッピーワゴンの時間を確認せずにレンタカーで来たため、歩いて園内を回ったんです。 植物の前にはていねいに書かれた説明書きがありますし、順路もわかりやすいようにちゃんと看板があります。歩いてまわってもかなり楽しめるのです。 でも今回ツアーに参加させていただき、その時には気付かなかったことや楽しいお話を伺い、前回より数倍楽しく過ごすことが出来ました。

園内はたくさんの花が咲き木々が生い茂っています。ブーゲンビリア、ハイビスカス、レッドカリバエア・・・芝生は丁寧に刈られとても素敵な空間です。 ツアーは木々の説明、ココナッツジュースやココナッツの実を頂いた後(おいしかった!!)、ワゴンに乗り込み移動します。
途中所々でワゴンを降り直接花に触れたり、シークァーサーを食べながら植物や花の説明を聞きました。

私が印象深かったのは、ココナッツの名前の由来や形の意味、毒性のある種子を日本の×××が売ってほしいと言ってきた話、レッドカリバエアの花が鳥の水飲み場になることなど・・・お菓子のガーリック味は実はホントのガーリックを使ってないんだよ、なんていうお話もありました。



最後にレストハウスでシークァーサージュースとシャシャップジュース、採れたばかりのフルーツを頂きました。どれもとてもおいしく大満足でした。 これから訪れる予定のあるかたは是非ツアーに参加されるか、レンタカーなどで来られる方は、事前にワゴン(園内ガイド付きツアー)の時間を確認なさることをお勧めします。数倍楽しいものになりますよ。

最後に長女(9歳)の萌ちゃんのレポートです。

サイパン熱帯植物園で楽しかったことが3つあります。
1つ目は、植物園にいる猫と遊んだことです。その猫は人なつっこくて、足の間をすりぬけたりして遊びました。
2つ目は、ココナッツジュースを飲んだり、ココナッツの実を食べたことです。ジュースはポカリスエットみたいな味でおいしかったのでコップで2杯飲みました。実(み)はしょうゆをつけて食べたら、イカ刺しみたいな味がしました。気に入ってココナッツの実をたくさん食べました。
3つ目は、ハッピーワゴンに乗って楽しかったです。

はい、金子さんご一家、お疲れ様でした!萌ちゃん、優ちゃんのお2人のお嬢ちゃんも大満足だったご様子。さあ、皆さんも楽しくためになるサイパン植物園へ、是非どうぞ!


*** サイパン熱帯植物園、紹介ページへ

お土産物いっぱい日本では手に入りにくい珍しいお土産品が並ぶレストラン内コーナー山根ガイドを囲んで最後にお世話になったガイドの山根さんとご一緒にパチリ!



広告掲載についてプライバシーについて免責事項・著作権お問合せ
Copyright© 2009-2012 STERLING CORPORATION. All rights reserved.