きれいな海で遊ぼ!
 常夏リゾートゴルフ
 アドベンチャーだ!
 レンタカーで自由行動
 食はサイパンに在り
 憧れのクルーズ
 観て、そして感動!
 ショッピングしよう!
 ステキなホテル
 癒されたい人へ
 夜遊び楽し、、
サイパン総合情報サイトMAIDO
コラム/記事ページへ旅の基本情報ページへウエブクーポンのページへ掲示板へリンク集へテニアンのページへロタのページへ

 シリーズMAIDO体験レポート
天体観測ツアー「銀河旅行の夕べ」レポート

2010年7月のレポーター

サイパンリピーターの手塚さんと藤嶋さんが、サイパンで働くお友達四方さんと一緒に応募して下さった今回の取材。日本では見られない南十字星など、サイパンならではの天体パノラマをレポートします!

第7回 天体観測ツアー「銀河旅行の夕べ」

澄んだ空気と街灯の少なさのお陰で、降ってきそうなほどの満天の星を満喫できるサイパン。その好条件を利して専門の日本人天体ガイドが催行する天体観測ツアー「銀河旅行の夕べ」。
今回はサイパンリポーターお2人と現地で働くお友達の3人で「銀河旅行の夕べ」をくまなくレポート。
天体ファン、あるいは星に癒されたい人、必見です。


銀河旅行の夕べレポート
星を見る予備知識からスタート。制座標を説明するガイドのタグチ氏銀河旅行の夕べレポート太平洋の海面を煌々と照らす満月の明かり。キレイだが、お陰で星がちょっと見えづらい入念に天体望遠鏡のセッティングをするガイドのタグチ氏。専門家が調整すると本当にはっきりくっきりと星がすぐ目の前に現れる銀河旅行の夕べレポートレーザー光線で星の位置を確認。
とても分かりやすい

まずはサイパン在住、四方さんのレポートです。

夜でも煌々と明るい東京では見られない満天の星空をサイパンで!
この夢を実現しようと見つけたのがこの星空ツアー『銀河旅行の夕べ』。 安全に星空を見ることができるポイントに連れて行ってくれるだけでなく、 日本人ガイドさんの解説付きで、天体望遠鏡で星を見ることもできる。 ちょうど日本から遊びにくる仲良しのお友達と、早速体験リポーターに 応募しちゃいました。

ここ2・3日、夜のお天気があまり良くなかったのでツアーの催行を心配していましたが、 なんとか大丈夫そう。と、思いきや集合時間直前のスコール! でもサイパンの雨は大抵すぐに上がります。日本人ガイド、タグチさんが ガラパンのホテルまでお迎えに来てくださった時にはちゃんと上がってました!

さぁ、いよいよ出発!! 満月の翌日だったので月はまだほぼ真ん丸。月明かりで空の雲の様子もハッキリ分かります。 雲は多いながらも、「風もしっかり吹いているので、星空を見るのに支障はないでしょう」 というタグチさんの心強いお言葉。 「ただし、月が明るすぎて、星が見づらいかも…」

ありゃ、キレイな満月でも そんな弊害もあるのね…。
車内ではタグチさんがサイパンや夜空に関してお話してくれます。これから星空を見るための予備知識も。 そして、目指すはダイビングスポットとして有名なグロット。

タグチさん自らサイパン中を廻り、いろんな条件で観測点を探した結果、 このグロットの展望台が最適だということになったそうです。 周りにいっさい灯りの無い田舎道も、この夜は宇宙からの自然の灯りだけで、ヘッドライト無しでも充分見えちゃうくらい。月明かりってこんなに明るかったんだね。

到着したグロットの展望台にはローカルファミリーの先客が…。
お誕生日パーティ真っ最中で、 「Hello!」
この展望台の地形柄、東と南が開けて望めます。 ほぼ満月の明かりが鮮やかに反射する海も、超神秘的でキレイ!!

「降ってきそうなほどの星」は月明かりに負けてはいるものの、車内で頂いていたその日のその時間の 星座図に出ている星達はしっかり見えてました。

まずは『春の大三角』から。
日本でも『冬の大三角』とオリオン座以外あまり認識できていない私。 見はじめた時はただの沢山の星達が、星座図と見比べていると、きちんとそれぞれの星座として 見えてくるから不思議。

そして次に『南十字星』。
垂直方向に対して少し右に傾いた小さな十字をちゃんと見ることができました。 北半球からでは見えるところが限られている南十字星。南の低い位置にあるので、サイパンでも 場所を選ぶそう。グロットからだとちゃーんと見えます! 星座図と夜空を交互に見て「あ、あのオレンジ色っぽい星がコレだね」とか言いながら、時々タグチさんに 確認。質問すると、天体望遠鏡のセッティングの手を止め、サッとレーザーライトを夜空に向け「コレです」! パソコンもあって分かりやすい!!

そのセッティングした天体望遠鏡で見せてくださったのは『土星』。
輪もくっきり! でも、じっくり望遠鏡を覗いているとだんだん土星が視野から外れていく…。 空が動いている、いや、地球が自転しているのを実感しました。 よっぽど視力の良い人なら見えるという二重星、『北斗七星』の『ミザール』も望遠鏡で確認。

明るい月夜で残念ながら『天の川』は見えなかったけど、やっと(?!)織り姫星とひこ星が どれなのか認識できました(笑) 



この二つと『はくちょう座』の『デネブ』で夏の大三角。 小学生の頃七夕に、ただ夜空を見上げているだけだったけど、 今度からちゃんと見ることができる。よかった。

そうこうしていると突然の雨!! 一時車に避難。 夢中になって雨雲に気づかなかった。
一瞬で終わった雨の後、望遠鏡で月を堪能。月面の様子がハッキリと見て とれましたが、月の光が目に強すぎて、「5分以上は見ないでくださいね」と言われました。

フッと浮かんだ質問にも、何でも答えてくれるタグチさん。朝まで星を眺めちゃいそうな私たちでしたが、 1時間半のツアーも終わりの時間です。まだまだ見ていたい名残惜しさを覚えつつ、帰路に。
その車内でも、プラネタリウムのような星座にまつわるお話の映像をパソコンで見せて頂きました。 たった今見てきた星座のお話なので惹きつけられます。 本当に素晴らしい時間でした。
小中学生だったら、夏休みの宿題にいいかも! また違う季節に参加してみたいですね。見える星も違ってくるから。 本当にありがとうございました!! また是非参加したいです!


次は、手塚さんのご感想です。

私達がサイパンに到着した日は丁度満月で、星空ツアーはその次の日だったので、月がまるくて綺麗でした。そんな月を見ながら、星空ポイントに到着。
星空を見上げると、空を見上げるのに邪魔な建物等がなく、半円の星空。プラネタリウムみたいな星空です。
月の明かりがまぶしくて、月の明かりでクッキリ影が出来るほどでした。

レーザーを使い星の説明をしてくれました。レーザーがあるので、どの星の説明なのかが、とてもわかりやすかったです。 それと、パソコンを使っての説明も、見えにくい星がくっきりハッキリわかって、とてもわかりやすかったです。
東京では見ることのできない南十字星を見て、小学校のときに踊ったサザンクロスの歌を思いだし、興奮 笑 春の大三角形
夏の大三角形
さそり座
北極星
★おりひめとひこぼし★
などなど
自分で空を見上げても、一つの星座ぐらいしか知らない私。いろんな星や星座を教えてもらって、大満足です。
そして、天体望遠鏡で見せてもらった土星の輪っか(^w^)
月のポコポコ
クレーター
天の川(^_^)v

どれも私の眼で直接見られないもの(>_<)貴重なものをみられました(*^o^*)

帰りの車では、パソコンで星座にまつわるお話を見せてもらって、充実。満喫でした。
銀河旅行の夕べレポートあっ、あそこだ!見える見える!この無邪気な喜びこそが、天体観測の真の魅力を物語っている銀河旅行の夕べレポート観測現場にもパソコンを準備。その場でいろんな質問やリクエストに答えられる。また、天体ソフトで臨場感のある説明を実現


銀河旅行の夕べレポート帰途に着く前、車中で今見た星座を再確認。この後、星にまつわる物語DVDもホテルに着くまでの道中楽しめる銀河旅行の夕べレポートセキュリティガードの番犬ダイちゃんも一緒にハイ、ポーズ!
とっても楽しかったです!!

最後に、藤嶋さんのご感想です。

「銀河旅行の夕べ」というツアーに参加してきました!
初めての天体観測。
大きな望遠鏡も覗けると聞いて、なんだか学生に戻った気分になれそうだな〜なんてかなりワクワクした気持ちで当日を迎えました。

車で向かった先はグロットの脇にある展望台のようなところでした。
山の中に行くのかな??なんて想像していましたが、きちんと整備された展望台で、足元はコンクリート。
また、とってもお利口な番犬のダイちゃんもお供してくれたので、怖いことはまったくありませんでした。この場所は、ガイドのタグチさんによると、方角・視界の広さ・暗さ(照明が無いこと)などの条件を満たす数少ないポイントなのだそうです。

さて、いよいよ観測開始! まずは肉眼で見える星たちの説明を受けます。

そしていきなり日本では見ることができない南十字星を発見☆
海のすぐ上にキラキラと輝いていました〜。すご〜い!ああ、海外にいるんだなとしみじみと実感。
南十字星がなぜ日本では見えないのかなど、ダイちゃんのおもちゃと化しているらしい?!(笑)おもちゃの地球儀でわかりやすく説明してもらいました。


はい、四方亜矢子さん、手塚冴子さん、そして藤嶋珠美さん、有難うございました!これからも、欠かさず星空を観察してくださいね。季節によって見える星も変わってきますよ!


*** 銀河旅行の夕べ、紹介ページへ




広告掲載についてプライバシーについて免責事項・著作権お問合せ
Copyright© 2009-2012 STERLING CORPORATION. All rights reserved.